スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代妖語の基礎知識(事由酷民社)から

01【ファブファブ族(ふぁぶふぁぶぞく)】
fabulous-fabrication(伝説的/架空の でっち上げ)を行なう
ことを大きな特性とする痴的生命体 外見は恐らく一般的な
東洋人であり【ファブ語】を第一言語として使用する一族である
以下に列挙する様な特性や能力を持ち 極度のDQN値を示す
各特性についてはそれぞれの項目を参照
 【ファブ語】【ファブリーズ】【ファブ毒】
 【ライトワンス脳】【抽象概念ぐるぐる】
 【Goolgoole行為】【ファブ恒常性の維持】【羞力】
 【原発性治療抵抗型アイーンシュタイン症候群】
  他
02【ファブ語(ふぁぶご)】
【ファブファブ族】が使用する特異な言語であり 使用される
文字列や単語の配置等は一般的な日本語に酷似する
しかし 単語そのものの意味合いや文法 理論構成の形式が
日本語のそれとは大きく異なる
03【ファブリーズ(Fab-reads:ふぁぶりーず)】
【ファブファブ族】が日本語の文章を【ファブ語】及び後述する
【脳内変換Goolgoole行為】を用いて読解する程度の能力
多くの場合 論者が意図した内容と異なる理解になる
04【ファブ毒(ふぁぶどく)】
【ファブファブ族】の持つ神経毒の一種
ハブ毒よりも遅効性であるが 毒性は10倍以上とも言われる
直接噛み付く他に 飛散する毒素でも対象に被害を与える
05【ライトワンス脳(らいとわんすのう)】
【ファブファブ族】特有の記憶構造をした大脳 強い【羞力】
によって 一度書き込まれた情報が上書き修正されない
一方で都合の悪い情報は強制消去されることが多い
これと対比して一般的な人類の記憶構造をした大脳を
【リライタブル脳】と呼称する場合がある
06【抽象概念ぐるぐる】
(ちゅうしょうがいねんぐるぐる)

【ファブファブ族】のみが使用出来る魔論陣
07【Goolgoole行為(ぐーるぐーるこうい)】
【ファブファブ族】によって行われている諸活動の総称
【小Goolgoole】【大Goolgoole】に大別される
 (a)【小Goolgoole(しょうぐーるぐーる)】
 【ファブファブ族】の脳内で行なわれる行為の一般を指す
 その特徴は【抽象概念ぐるぐる】を使用した変換と循環
 論理矛盾そして論理飛躍である
 ジャストシステムが 誤変換発生の解明モデルとして注目
 最近の研究では 現実と直面する苦痛を回避するための脳内
 麻薬分泌との関連性が強いと考えられている
 (b)【大Goolgoole(だいぐーるぐーる)】
 【ファブ恒常性の維持】で形成される壮大な堂々巡りを指す
  1 賞賛への渇望に突き動かされた自説の書き込み
  2 珍奇な妄言故の失笑と批判
  3 要求が満たされないためのさらなる渇望と執着
  以下ループ
 【Goolgoole循環】と呼称する場合もある 一般に極めて迷惑
08【ファブ恒常性の維持】
(ふぁぶこうじょうせいのいじ)

アメリカの生理学者キャノンによって”ホメオスタシス”と命名
された一般の恒常性の維持に対して、【ファブファブ族】が
【ファブファブ族】としての珍奇な存在であり続ける程度の能力
マメリカの生理学的者キャイーンによって”ホメタオシテネ”と
命名された
【原発性治療抵抗型アイーンシュタイン症候群】の症状に加えて
 議論における賞賛=生きる価値
 議論における敗北=同一性の喪失
という特性を持つことから成立する
09【羞力(しゅうりょく)】
空間を歪ませ 言葉の意味や論理の全てに歪みを生じさせる
程度の能力
10【原発性治療抵抗型アイーンシュタイン症候群】
(げんぱつせいちりょうていこうがた(ry)

以下の様な一連の症状群を呈する疾病 
(1)絶対的知識の不足
(2)論理的思考力の欠如
(3)現実検討能力の欠落
(4)過大な自己誇示要求
本来【ライトワンス脳】を原発巣とする【ファブファブ族】
特有の疾患であったが 伝染性を有するのではと懸念されている
アイーンシュタイン症候群に罹患した者達は 通常各種掲示板で
反復的にバッシングされてきた経歴を有している
これらの症状と【ファブ恒常性の維持】により上記の
【大Goolgoole】が引き起こされるのである
11【ファブ相対性理論】
(ふぁぶそうたいせいりろん)

【ファブファブ族】によって提唱される言論空間に関する理論
”言葉の意味は絶対的なものでなく相対的である”という概念に
基づき 言葉の定義は各自が勝手に決めて良いとしたもの
共通の言論空間を否定しているため 一般的人類との適正な
会話の成立は極めて困難か あるいは不可能となる
12【妖次元空間(ようじげんくうかん)】
【ファブ相対性理論】によって基礎付けられた言論空間
【羞力】によって 光のみならず論理さえも歪む
【ファブラックホール】が出現する この空間は従来の
4次元空間を出発点とした時空の方程式では説明がつかず
これを乗り越えるため新たな【痴空の方程式】が誕生した
13【痴空の方程式(ちくうのほうていしき)】
どんなに素晴らしい理性によってもたらされた論理でも
痴の力によって無力となってしまうという方程式
 理性×痴=0
という公式で表される
14【ファブラックホール】
(ふぁぶらっくほーる)

強い【羞力】によって物理法則だけでなく 論理 言語等
概念までもが歪む領域
【ファブファブ族】においては【脳内変換Goolgoole行為】により
”ファブ(族の)ラック(luck:幸運がある)領域”
と認識されるが 一般的人類においては
”ファブ(族による)ラック(rack/lack:知識や論理の
破壊された/欠如した)領域”

と認識される
15【痴象の恥平面(ちしょうのちへいめん)】
【ファブラックホール】に存在する一般情報伝達の境界面
恥平面の内側では理論を自由に行使することはできなくなり
【得意点】へと落ちていくだけ
16【得意点(とくいてん)】
【ファブラックホール】に飲み込まれた際脱出に失敗した者が
最終的に到達する地点
【羞力】が無限大となっており これまで人類の知性が獲得
してきた素晴らしい知見が全て無に帰す
しかし【ファブファブ族】は自身の革新的な発想や論理展開
(と思い込んでいるもの)により得意満面となる
ここに至り【ファブファブ族】と同一化してしまった者は
【ファブファブ族】と同質の特性を獲得すると考えられている
17【第2等価原理(だいにとうかげんり)】
羞力と勉強不足は等価という原理
18【新エネルギー法則の公式】
(しんえねるぎーほうそくのこうしき)

恥知らずの力が 莫大な破壊力を生みだすことを表す公式
破壊力=羞力×光速の二乗
19【擬論(ぎろん)】
【ファブファブ族】によって行なわれる論述 その実態は
【Goolgoole行為】でありながら 正常論者に擬態した文体で
通常の議論に紛れ込み 瞬時に【妖次元空間】を作り出す
20【裸恥問題(らちもんだい)】
【ファブファブ族】が密かに他人のブログやBBSに忍び込み
【羞力】によって言論空間を歪ませ、それまで行われていた
有意義な議論を奪い取ってしまうという問題
彼ら自身はパーフェクトな論理展開をしたと思い込んでいるが
恥を晒している裸の王様の状態であるので 【裸恥問題】と呼ぶ
周辺から叩かれ 現実を突きつけられても知らんぷりし暴虐に
振る舞うばかりで 残念ながら現在解決の糸口が見えない
21【お花畑(おファなブぁたけ)】
【ファブファブ族】の脳内に形成される 【ファブファブ族】の
【ファブファブ族】による【ファブファブ族】のための庭園
そこには【ファブファブ族】を一方的に虐めるワルモノに対して
果敢に闘いを挑む美しき孤高の戦士
戦士は詭弁と自己矛盾 破綻と独自理論で相手を攻撃することで
自ら多大なダメージを被る“諸刃の剣”
正常な人間が耐えきれるはずがない程叩き潰されても平然と
そこに居座り 議論を無限ループに陥らせて話をする度に
全ての論者の体力を削っていく“ゾンビメイル”
自分に都合の悪い投稿を削除させようとと管理人に泣きつく
“嘆きの盾”で身を固める。
もちろん全てカース(呪い)アイテム。
22【F4アタック(えふよんあたっく)】
F5アタックより恐ろしい掲示板荒らし攻撃の一つで
【ファブファブ族】が用いる。
下記行為によって、議論を機能停止に追い込む。
基礎知識がないためにソース理解を間違っていることを細かに
説明され、ソースも提示されているにも関わらず、都合の悪い
情報を読み飛ばし
(【ファブリーズ】)、「ソースを出せ」
繰り返す。
相手の質問・反論に対して、直接関係のない、自分でも
良く分かっていない専門用語
を並べたてて、反論したように
見せかけ、「ソースを示した」と言い張る。
【ファブリーズ】されたソースが完全に無意味化する
様子は数多の事例の中で観察されている
が セキュリティ
レベルの低い人々は思考停止に追い込まれ、
破綻した主張を承認してしまう場合がある
また、これらの行為は、都合の悪いソースは無視しておいて、
「ソースを出せ」と攻撃する
ことから、
DoS(Denial of Sources ソース否認)攻撃の一種とも見られ
さらにデタラメに解釈した俺様ソースを撒き散らして反撃する
ことから、
DDoS(Distribute Detarame oresama Sources)攻撃
とも呼ばれる。
23【ニセ入り学(にせいりがく)】
一般的な”生理学”と無関係な【ファブファブ族】が得意な学問
【抽象概念ぐるぐる】や【専悶誤用】が散りばめられているため
慎重に解釈せねばならない
24【NO科学(のーかがく)】
一般的な”脳科学”と無関係な【ファブファブ族】が得意な論述
科学的根拠(これは根拠から導かれる正しい理路も含む)が全く
欠如した状態で自らの望む結論だけを繰り返す程度の技術
25【専悶妖誤(せんもんようご)】
一般的に用いられている”専門用語”に対し【ファブファブ族】が
【ファブリーズ】と【ファブ相対性理論】を用いることにより
妖しげな誤解釈や誤用を平然と行なう程度の能力
その場に居合わせた者を専ら悶え苦しむばかりの状態へと陥れる
26【捏好学迷才(ねつこうがくめいさい)】
上記の様な能力により捏造した学識を好んで使用し 迷才を
発揮しながら同時に文体を偽装し迷彩をも発揮する程度の能力
【ファブファブ族】が議論の場へ密かに侵入しては 自在に
【擬論】を展開することが出来るのはこの能力を有するため

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Author:見下ろす猫
セリエの生理学の真実がここにある
でも生理学のブログじゃなくてヲチブログだけどね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。