スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊 フ、テキなヨン様 4月号

今月の特集はファブ語についての
特別対談!

ナマチューセット高価大学言語学科でファブ語研究に従事する
チョメスキー教授との対談!
複雑怪奇な言語とその使用者を 軽妙なウィットに富んだお話で
解りやすく解説して頂きます!
スポンサーサイト

コメント

Secret

ただいま反訳中

チョメスキー教授のインタビューですが、ただいま反訳中です。出来上がりましたら、記事をアップしますのでお楽しみに。
取りあえず、「尊師の兵法」をアップします。

連載企画 「尊師の兵法」Lesson11~16

(バックナンバー)
・Lesson1~5
http://miorosuneko.blog22.fc2.com/blog-entry-68.html#comment894
・Lesson6~10
http://miorosuneko.blog22.fc2.com/blog-entry-68.html#comment898


Lesson11 ヨン次元空間を作り出せ!~汎用ツール「NO科学」「ニセ入り学」で煙に巻け!

尊師の得意技として有名なのが
 「NO科学」
 「ニセ入り学」
である。尊師は、以前から「脳科学」と「生理学」に並々ならぬ関心を抱き、研究してきた。それは、おそらく、尊師の脳の働きが通常一般人と異なることを、リアルを含めたこれまでの生涯において数々の人から指摘され続けてきたため、自然と興味を持つようになったのじゃろ。
しかし、専門家の研究をファブリーズするため、尊師の理解は従来のそれらとは異なる珍奇な体系を構築している。そのため、これらは「NO科学」「ニセ入り学」と呼ぶのがマッチングー! エキサイティングー!
ともあれ、掲示板で尊師と初めて遭遇した人々には、そんなことがわからないため、「海馬の萎縮」「コルチコイド」「セリエ」などの専門用語を機関銃連射する尊師に騙されてしまう人も少数ながら現れることになる(多くの人は「何か変・・。あんたの頭を科学したい」と気づくのだが)。
この「NO科学」「ニセ入り学」を披露している時、尊師は「すげえだろ。でへへへ。天才だろ。ぶへへへ」と得意絶頂となり、尊師の脳は、オピオイドなどの脳内麻薬が大量に分泌され、「かいかん!」という「セーラー服と機関銃」状態となっている。
自らを天才と思い込むアイーンシュタイン症候群が頂点に達した状態であるが、傍観者が「アイーン」という気分になっていることに気がつかないのも尊師が偉大であると言われるゆえんである。
さて、「NO科学」「ニセ入り学」はあらゆる議論に使える汎用ツールであることが留意されなければならない。というのは、議論を含め、人間の活動は全て脳の働きによるものであるから、すぐに議題を脳の話に持って行くことが可能だからである。正常な議論が行われているところで、無理矢理に脳の話を展開し、得意技の「NO科学」「ニセ入り学」の痴識を延々と披露し、議論をぶちこわして擬論に持ち込むのが、正しい尊師の兵法である。

今日の標語:「割り込むネタはNO科学! OH! 脳!」 orz

Lesson12 ヨン次元空間を作り出せ!~F4アタック・・・妄ソースで勝負せよ!

尊師は、時に図書館の奥にひっそりと置かれている年代物の蔵書で、容易には見つけにくい本をソースに、独自の論を展開する。そして、「ネットの世界なんて小さなもんだよ」「ソースを示した者と、示せない者。その差ははっきりしています」と誇らしげにのたまう。学者の権威を借りて「えっへん」。
虎の威を借るフンコロガシ。
しかし、なんだか変。どこかが変。
論客は、このような攻撃を受け、心の底からイラっとするだろう。
このような尊師が示すソースは、尊師が専門書などをファブリーズし、妄想した結果生み出したものに過ぎず、
 「妄虎」
であり、
 「妄ソース」
である。だが、「半信タイガース」として疑問を抱いた論客が、さらに進んで
「アニキ、それって妄想ッスよ」
と指摘するためには、上記のように容易には探し出すことのできない原典を調べなければならず、そのメンドクササから論客は行き詰まることになる。この妄ソースによる攻撃効果は絶大であり、F5アタックより恐ろしいF4アタックとして有名である。

Lesson13 ヨン次元空間を作り出せ!~漢(おとこ)なら、自説の根拠は主観で闘え!

さて、以上、尊師がいかにしてヨン次元空間を作り出すか、その手法を概括してきたが、賢明なる読者はすでにお気づきであろう。尊師は擬論のテクニックはあるが、テクニックのみで中身がないことを。その通り、尊師の思想はただひたすら空である。空即是色、色即是空!
いや、全くの真空かというと、それは語弊があるかもしれない。なにかモヤっとしたものは存在している。それは「猫が好きないい人そだから」に代表されるなんとなしの嗜好である。尊師は、自分のことを「やや保守」などと思想家ぶっているが、実のところ、尊師が攻撃を受けた人たちを「サヨクのくるくるパー」と位置づけたため、それに対する反発から「やや保守」と振る舞っているに過ぎない。ややこしやー、あ、やや保守やー。感情のみの主観を、NO科学などで偽装したのが擬論の実態である。
それで悪いか? ケチをつけるつもりか? 君?
漢なら、他に頼るな! 客観に頼るな! 主観で悪いんかあああ!

Lesson14 防衛編~変幻自在のカメレヨンうなぎ!

さて、ここからは、ヨン次元空間を作り出して論客を陥れ、攻撃を加えてきた尊師が、論客からの反撃をいかに防衛するか、そのテクニックを学んでいこう。Let's study!
尊師は、ナナフシ擬態を行うため、もともと迷才服をお召しになっているが、ご自身もカメレオンの如く自在に変化できる能力を備えている。もちろん、議論をしている中で、自分自身の論の誤りを素直に認め、自説を変えることはごく普通の論者に備わった能力であるが、尊師のすごいところは、自説の誤りは一切認めず、間違っているのは相手であるという姿勢を保ちながら、自説の都合の悪い部分は微妙に変化させるというところである。「前と言っていることが違うじゃないか」と指摘されても、尊師は、キョンキョンの「ヤマトナデシコ七変化」の替え歌である
 「ヤバイトナンデモ七変化」
をヘラヘラと野太い声で歌いながら、クネクネとうなぎのように気色悪い分泌液を出して逃げ回り、決して誤りを認めようとはしない。
とらえどころのない相手との格闘を強いられ、精神的に追い詰められた結果、サヨクのくるくるパーどもは、本当にくるくるパーになってしまうのだ!

Lesson15 防衛編~知識人には痴識人で対抗だ!

尊師は、専門的な知識を有する論客との擬論を好む。それに勝利し、賞賛を獲得するという白日夢に尊師は囚われているからである。
知識人に対抗するには、すでに述べた抽象概念ぐるぐるが有効であるが、それでも一応は、知識が自分にもあると仮装しなければならない。
そのため、論客が専門的知識を述べた際、尊師は、必死に検索し、あたかも以前からその言葉を知っていたかのように擬論を展開する。
 検索怪人シットルゲー
の誕生である。しかしながら、シットルゲーにも弱点がある。そのソースは殆どがwikipediaからのものであり、あわてて検索して調べたことがバレバレになってしまうことがあるからである。
「頭隠して尻隠さず」がまさに妥当するため、尊師は、
 尻すぎた男
とも言われている。

Lesson16 防衛編~相手の論をファブリーズせよ!

論客を陥れる防衛テクニックとして秀逸なのは、ファブリーズの能力を最大限に発揮し、論客の主張を歪めることである。論客の放った言論のレーザービームは、尊師が醸し出す羞力によって支配された痴象の恥平面の内部では、まっすぐに進むことはできず、羞力によって尊師に都合のよいように幾らでも歪められてしまうのである。殊に尊師のおわしますファブラックホールの中心点である得意点近辺では、論理がβ崩壊しており、正当な言論はすべてバラバラに解体されてしまう。
論客はファブリーズされた自己の主張について、そうではないと何度も何度も説明をすることを強いられるが、全ては徒労に終わり、議論のズレが拡大し、論客はその気持ち悪さから体力を奪われていく。人はこれを
 断層怪人ズレトルゲー
と呼ぶ。
なお、以下はどちらかというと攻撃テクニックであるが、ズレトルゲーのパワーがマックスとなり、かつシットルゲーのワザと合わさった時、尊師は論客の文章の単語に執着し、文脈とは全く関係ないウンチク(しかもそのウンチク自体も間違った独自のもの)を延々と展開することがある。こうなると論客が言いたかった議論は完全に破壊され、尊師のワンマンショーとなってしまう。迷惑以外の何者でもないが、尊師の兵法として極めて強力であるので、我々もマスターしたいものである。

(次号感動の完結編へつづく)

悪魔の書だ…

凄すぎる兵法です。

これをネットの中にいるDQN予備軍が手に入れたらと思うと…戦々恐々です。
DQNでないとこの兵法は恥かしくて使えないですから^^;

てか細かな表現がいちいちツボですw

まさに

集中連載というか
こりゃ今月の特集を差し替えにゃならんかったかなw
”NO科学””ニセ入り学”の二つはもう何と言うか
萌える程に秀逸だwwwww

後でヨン語辞典に加えにゃならんね
”迷才服”なんかも芸が細かいがとにかく口の端が
上がりっぱなしだ
猫のブログがスーパーヒアルロン酸並みに
一気に潤った感があるねw

緊急企画~ファブ語の謎に迫る PART2

(前号)
http://miorosuneko.blog22.fc2.com/blog-entry-68.html#comment906

[記者]
それでは本論に入っていきますが、抽象的にやってもわかりにくいので、ヨン様の文章を具体的に見ながら、ファブ語の謎を解明できればと思います。ヨン様の文章は長文の駄文で読むだけでも疲れるんですが、最近のtwitterでの文章は文字数に制限があることから、比較的短文なので解析の対象にしやすい。そこで、以下の4月8日のtwitter文章を紹介します。

____________________

 人は、光を受け取った後直ぐに強弱調整をして、奥行きや質感など要素別に整理して、再構築されて認識するようです。イメージとしてはデジタル変換して圧縮して送って解凍したと言う感じです。だから、普段から強いて言えばバーチャルな世界を見ています。
 何故このような複雑な過程を踏むのか?手前味噌の素人仮説ですが、身体の変化[成長や怪我]や外の世界の変化[気圧や水圧などの抵抗]や道具や乗り物を手足のように扱ったり身体のサイズが違う者との共同作業のときに、柔軟に対応できるように形成された、OSとドライバーとハードのような汎用性を高める仕組みではないかと考えています。
 だから、仕組みとして見た場合、視点の違いは、どちらも一応自分もしくは自分が操作してると感じているので、大きくは違わないように思えます。お考え通りで心理的な距離感やスケール間は違いますね。自分か操縦かでは。
 心理的な説は、身体の仕組みよりも合意形成が定まってなくて千差万別の説があるので、一概には言えないけれど、また、今度考えて見ます。
____________________

これは、擬論の相手が、日本人と欧米人では、web上の議論の態様が異なるのではないか、それはモニター越しのバーチャル空間を「現実の延長」と考えるか、「現実と[ある程度]切り離された空間」と考えるかの違いではないか、日本人は、実生活とモニターの向こうを切り離して考えてるのではないか、欧米人のWEB活動は「自分」で、日本人のWEB活動は「限りなく自分に近い擬似人格」ではないか、その根拠として、シューティングゲームで、欧米ではモニタ全体が自分の視界となるFPS[ファーストパーソン~一人称視点]のゲームが流行っているのにたいして、日本では、自キャラも表示されるTPS(サードパーソン~三人称視点]のゲームが流行っている、と論じたのに対して、ヨン様が持論を展開した部分です。

擬論の相手の考えはなかなか面白い視点で、ふむふむと読めるのですが、これに対して、ヨン説は何がなんだかわからないアナザーワールドを展開していますね。
[チョメスキー]
アナザーワールドじゃな・・・
[記者]
これってチョメチョメですよね。
[チョメスキー]
チョメチョメじゃな。
[記者]
かなりチョメチョメですよね。
[チョメスキー]
かなりチョメチョメじゃな。
[記者]
相当チョメチョメですよね。
[チョメスキー]
相当チョメチョメじゃな。
[記者]
ヨン説は、わかりにくいのですが、要約すれば、人間の視覚というのも視神経を伝わった電気信号を脳が処理しているので、「ヴァーチャル」だから、モニター越しの世界も同じ、ということだと思います。まあ、長々とした駄文ですけど、結局、言いたいことはそれだけのことじゃないですか。
[チョメスキー]
それだけのことじゃな。
[記者]
ここで、「ヴァーチャル」の概念のとらえ方なんですけど。
[チョメスキー]
とらえ方っじゃな。
[記者]
先生、ちょっとはご自身の意見を言ってくださいよ。
[チョメスキー]
・・・ん、ん。ごめんごめん、昨晩のチョメチョメのことを思い出して一人悦に入っていたわ。
[記者]
だから、ヨン様の「ヴァーチャル」の概念のとらえ方をお聞きしているのですが。
[チョメスキー]
・・・・
[記者]
あのう・・。窓の外をぼうっと見て、どうしたんですか。
[チョメスキー]
いや、あの女子高生、結構チョメチョメだね。
[記者]
先生!
[チョメスキー]
すまんすまん。本論に入る前に飲み物を注文しよう。おお!生チューセットがなんと500円! こりゃ安いわ。これ頼む。ワシの大学では生チューセットが高くてのう。
[記者]
先生、脱線ばかりで全然本論に入れないじゃないすか。
[チョメスキー]
ふふふ。こう見えてもワシは若かりし頃、脱輪戦隊ダッセンジャーという秘密戦隊を結成していたのじゃ。
[記者]
何ですか、それ?
[チョメスキー]
いや、ヨン様の断層怪人ズレトルゲーに対抗するには、まともな議論をしていては到底かなわないので、仲間の言語学者を集めて、脱線論法で対抗しようとしたのじゃ。
[記者]
それでどうなりました?
[チョメスキー]
議論が無茶苦茶になって収拾がつかなくなってしまって、仲間は皆討ち死にじゃ。
[記者]
当たり前でしょが。
とにかく、私がお聞きしたいのは、ヨン様の「ヴァーチャル」という概念についてなんですが。
[チョメスキー]
そうじゃったな。ヴァーチャルとは、人間の実社会における体験に対して、コンピュータなどの仮想空間における体験を指す概念じゃろう。しかし、ヨン様は、神経伝達が電気信号で行われていることから、あらゆる人間の体験が「ヴァーチャル」であるという。これでは、せっかくのヴァーチャルという概念が台無しじゃ。確立した概念を崩す作業をヨン様はやるのじゃ。ヨン様はよくこういうことをやる。ある概念の一要素と別の概念の一要素で重なる部分があるから、両概念は同一という論じゃ。
[記者]
そういえば、肉体的暴力と精神的暴力は同じという擬論をやってコテンパンに叩かれていましたね。
[チョメスキー]
そうじゃな。こういうある概念と他の概念の重なった部分だけ見て同一視してしまい、概念と概念の差異を無視してしまう者のことを、他重差異無者(たじゅうさいむしゃ)というのじゃ。
[記者]
最近、大きな社会問題になっていますね。
[チョメスキー]
そうじゃ。こういう者は雪だるま式に擬論を肥大化してしまうのじゃ。

(つづく)

インタビュー記事あざーす

尊師の擬論相手の主張は記者さんの抜粋から推測するに、ネットの実名登録の話あたりから、派生かな?

後、相手が考察したかった事はバーチャルの概念ではないと思います。
FPSとTPSの話が出ましたが日本人と欧米人の嗜好の違いは宗教観が大きな影響を与えてるかと…
人型ロボットに対する抵抗感の違い等の感覚が遠因にあるのではないかと…

ヨン様はバーチャルの概念と言うか、視覚情報を受け取り、認識するまでの素人解説して何がしたかたっん?
どう話をつなげようとしたかたっんですかね?
まあ、単に自説を披露してアイーンシュタイン症候群を発症させてただけでしょうけど…


てか、アイドル好きさんの文才に脱帽w

No title

ごめん。本筋とは関係ないけど、尊師の兵法Lesson12の文中【しかし、なんだか変。どこかが変。】というセリフを見て、この歌を思い出したw

http://www.youtube.com/watch?v=cvdeg5b3gYw

ヨン様は、へんな知識をさらにへんな知識を集めてきて擁護して、もっとへんになるから、歌のイメージとぴったりだよね(笑)


>迷才服をお召しになっている

まさか、ヨン様がお召しになっているのは、
捏造した学識を好んで使用し、迷才を発揮するという

捏好学迷才(ねつこうがくめいさい)

通称「隠れ蓑」では。。。


みんな、元ネタ分かるかな~
『攻殻機動隊』に登場する熱光学迷彩を知らないと厳しいか…


P.S.
ヨン様が、またしてもすちゅわーですさんのことをデタラメ言って罵倒しています。
ttp://fab4.no-blog.jp/weblog/2010/04/post_4871.html

ほんと、ヨン様の文章ってイラッとくるよね。
最近は、企業でISO xxxxx取得と打ち出しているところがあるけど、ヨン様はUSO 800を昔から取得しているよね。

攻殻ネタw

>うなぎ犬さん

>捏好学迷才(ねつこうがくめいさい)

攻殻ネタきたw
いったい、尊師は何処まで引き出しを持っているのか…、稀代のDQNですね。


あとすちゅわーですさんと犬小屋で複数HNを使用した人間は違うんじゃね…、直ぐにばれる嘘つくのが捏好学迷才(ねつこうがくめいさい)、簡単に見つからないのが熱光学迷彩…

これで思い出しましたけど、例の橋下発言の刑事告訴までの時効って放送日なのかな?
確か、そろそろだから…弁護団がどう動くかで本気度が分かりますね。
TV局も訴えた事から、刑事告訴の可能性は高いんじゃないかと…

No title

縁さん
>あとすちゅわーですさんと犬小屋で複数HNを使用した人間は違うんじゃね…

そもそも、HNなんて議論の中身(主張の妥当性)とは直接関係ない話だしね。多数派工作をした上で、多数論証をしているならば話は別だけど、ヨン様がフルボッコになった上に、あまりに往生際が悪いので「いいかげんにしろよ」と投票を呼びかけられた議論スレ(生理学談義)には、登場すらしていない人物をあげつらって、名無し投稿すら許されている別の掲示板でIDが別のHNと同じ時があったと罵倒しているんだから、話にならん。しかも、ヨン様支持がゼロ票であったことは多数派工作に影響されない事実なのにね。→詳しくは目次エントリA7参照。

そして、他所で批判していた人々に「他で批判すんな。批判するなら自分のところに来い。異論反論大歓迎だ」と呼び込んでおいて、自ブログコメ欄で核心をついた指摘をされると、まともに反論することなくコメを削除し、荒らし規定してアク禁にした。その羊頭狗肉ぶりと、あまりに得手勝手で卑怯な議論態度、議論経緯の捏造(他の論者への誹謗中傷)に怒り、その人々がさらに別IPからヨン様がとぼけて消し去っている事柄について同じ指摘をした。→うなぎ犬はリアルタイムで把握していないので若干の相違点はあるかも? 目次エントリ書き出し参照。


これらの、自分がいろんな所でトピックを選ばずに、別々の人に徹底的に論駁された複数の話(1.すちゅわーですさんに橋下スレで、2.槍さんに死刑スレ生理学談義で、3.その他の人に自ブログコメ欄で)について、不都合である議論の中身は一方的な主観を述べて切り捨て、その上で、別々の事象をあえてゴチャ混ぜにして、論敵たちに議論内容とは関係ない「人権派」という政治的攻撃を誘発するようなレッテルを貼り、ひたすら各所で人身攻撃に血道を上げ、自分を論駁した論者達の名誉を毀損し続けているのが、ヨン様。

このような悪印象の流布(印象操作)によって、メディアリテラシーの低い人々に対しては、自分にとって詳しく突っ込まれると不利な議論の内容に踏み込まれることなく、論駁された議論の信用度を貶め、自己正当化することができるからね。

ちなみに、人身攻撃というのは「権威に訴える論証」の逆なので、主張根拠が常にファブリーズした学識=「偽ブランド知識」によるヨン様には相応しい攻撃手法ではある。



>直ぐにばれる嘘つくのが捏好学迷才(ねつこうがくめいさい)、簡単に見つからないのが熱光学迷彩…

そして、破壊活動に使用できるので、政府機関重要施設内での使用が重罪となっているのが熱光学迷彩、重要な議論に対する破壊度がすさまじいので、議論スレでは使用を厳禁にすべきなのが捏好学迷才…


------

なんか、ヨン様ブログ最近のコメ欄を見ると、迷いネコとかいうヨン様に融和的な人が、お花畑に迷い込んでいるな~

「最近、大会議室でお見かけしない」って、あんたそれ嫌がらせでしょw しかも、投稿が反映されないでヨン様が焦っている当のエントリのコメ欄でw

しかもヨン様、すちゅわーですさんのせいで意図的に投稿しないみたいに言い繕っています。ヨン様は、そういう妄想・逆恨みに基づいた誹謗中傷コメントが激しいからアク禁になっているんだろw

さすが、ファブファブ〔fabulous-fabrication 伝説のでっち上げ〕族です。

→もちろん、ヨン様が当然のごとくアク禁になった笑える経緯は、目次エントリQ4、Q5参照ですねw

No title

ヨン様ブログ下記エントリの批判内容が、先のうなぎ犬のヨン様分析を真似して意趣返ししているように見えるのは気のせい?
ttp://fab4.no-blog.jp/weblog/2010/04/post_d7b2.html

これって、どういうことだろう?
うなぎ犬の指摘がヨン様の問題行動を言い当てていて、ミラーマンたるヨン様が投影して、相手に自分の問題行動を批判として浴びせるから、結果として似たものになるということ?
投影って、ここまで正確なの?
投影って、こわい…(^_^;


------

しかし、このような状況に遭遇したならば、ヨン様のような生命体は別として、理性的な人間ならば、次のような内省が生まれる。

果たして、投影しているのはどちらなのだろうか?
ひょっとして、私たちの方ではないだろうか?

では、検討してみよう。

ヨン様当該エントリより
>意見に対して意見では勝てないから

勝敗という概念を議論スレで出してきたのは、ヨン様。こちらはヨン様の根拠が、まるで間違っていると指摘しただけ。故に、「勝敗へのこだわり」の指摘は、私たちには当てはまらず、ヨン様に当てはまる。


>誹謗中傷で相手個人のイメージを低下させるやり方が許せない

ん? 「イメージを低下させる」のが問題ではない。正当な批判であっても、(相手の対応によっては)相手のイメージは低下するものだから。

誹謗中傷であること、すなわち根拠がない、もしくは不当であること、そもそも根拠を検証するための批判対象および批判根拠が明示されていないことが問題であるのに、ヨン様は冒頭から【個人に向ける攻撃は凄まじい】などと、批判言辞や分析が行為主体に及ぶことを批判している。したがって表面上似ているが、こちら側の批判要旨とは違う。

そして、ヨン様の「人権派」への各所での発言は根拠を検証するための具体的な批判事由を提示していないことから議論に供するための批判とは言えず、また主張内容において根拠の記述が無い事から、誹謗中傷といえる。(実際にも根拠がないけどね)さらに、意見の中身ではなく、相手個人に言及し、イメージを著しく低下させる発言をしていることから、ヨン様自身に当てはまる。


>全く無関係のイメージを流布される

生理学の基礎知識に関する議論に「人権派」は関係ありますか?また、別々の場所で異なる論者たちによって論駁されたことを一緒くたにして、相手にレッテルを貼って、悪印象を流布していませんか?

こちらはイメージではなく、対象となる議論を提示し、批判根拠も明示している事は、猫ブログに散見されるところである。

これも、ヨン様自身に当てはまるようです。


>せっかく議論したいことがむちゃくちゃになって、全ての人に大迷惑

そうですね。それで、ヨン様の行く先々では、多くの論者、ROMまでもが怒りでヨン様に対して非難コメントを出すに至り、場合によっては見かねた管理者がヨン様をアク禁にしてきたのですよね。これも、ヨン様自身に当てはまるようです。


>所詮くだらない悪口を言いふらすだけしか能力ないので、吹き飛ばすことは可能だと思います。

ヨン様が議論の場から吹き飛んで、有料サイトやtwitterに逃げ込んじゃったね。事実として。他の論者や管理体制の不備のせいにしているけど。そして、ヨン様の「論敵」たちは、論客として称賛を浴び、評価をされていたね。これも、ヨン様自身に当(ry



けっきょくヨン様の他者批判(と言っても中傷ですが)は、ほとんど全てヨン様に当てはまりました。本当に、どうもありがとうございました。m(_ _)m

ファブ語に真剣になったら…、またメンヘル話に^^;

>うなぎ犬さん

まず、ヨン様は日本語を使っていません。なのでヨン様の書いた文字に騙されてはいけません。

専門家のチョメスキー博士に後で検証してもらうとして…、今までのヲチから訳してみます。

>意見に対して意見では勝てないから

これは最初の【意見】が本来の日本語の意味で使われていません、日本語に訳すとするなら。

自分(ヨン様)の珍妙な自説では誰にも勝てないとの意味だとおもいます。

次の
>誹謗中傷で相手個人のイメージを低下させるやり方が許せない

は上記訳を踏まえると、珍奇な自説を勝たせる為に相手を誹謗中傷してイメージを低下させ、なんとか勝ちたいとの意味だと思います。

最後に
>全く無関係のイメージを流布される

これは、真実を明かされるとの意味だと思います。


あれ?
やっぱりミラーマン的に解読しても対して違わない^^;

No title

縁さん
>あれ?
>やっぱりミラーマン的に解読しても対して違わない^^;

あらためて目次エントリ(看板エントリ)とそのリンク先をチェックしてみると、うなぎ犬のヨン様分析・批判は、ほとんど既に猫エントリにおいて言及されているものでした…(^^;)

これは、(以前にも述べた通り)ヨン様の行動が驚異的な習性として完璧にパターン化しているから、対応する批判も同様になる訳だけど、ただ一つ猫さんの開発した重要な視点が欠けていました。これが欠けていたので真剣なメンヘル話に行きつくように見えてしまったのでしょう。それはズバリ、芸人としての視点です。

お笑いでは同じボケを繰り返し使う技法を、天丼もしくは「かぶせ(る)」と言うらしいですが、さすが芸人ヨン様、天丼がよくできていらっしゃる。しかも、自らを「私怨に駆られたお花畑住人」とワザと見せる自虐ネタにおいて。

P.S.
ごめんよ、ヨン様。ヨン様の体を張った自虐ボケ天丼に気付かなかったよ。自らの不明を恥じるばかりです。

我々はヨン様の自虐ボケ精神の粘り強い発揮を称賛する!!

なんちってw

芸人として見るのが正しい

>うなぎ犬さん

そもそも、尊師の兵法に対応する唯一の方法が猫さんが与えてくれた概念芸人として見ると言う事だと思います。

そもそも、議論の相手としては不適格、ヨン様の目的は自己の賞賛欲求の解消で議論では無く擬論ですから…

最近はついったーの方が多くて見る気はしないけど^^;

メンヘルからメルヘンに、そして伝説へ…w

縁さん
>最近はついったーの方が多くて見る気はしないけど^^;

ヨン様ブログコメ欄では地味に言い合いが展開されていますw
ttp://fab4.no-blog.jp/weblog/2009/05/09525_551e.html#comment-24838458

相手の発言に教えさとす雰囲気を感じたヨン様、自分が上に立とうと必死です。

まぁ、相手の発言主旨が「自説の不備に関する指摘をアンチ・嫌がらせと捉え、聞く耳を持たないから、自分の本の読み方が著者の意図や一般的解釈から解離(追記:乖離が妥当)していることに気付かず、いつまでも知的レベルが低いままなんだ。合意形成とは異論・反論との間に見出すものであって、自説を一方的に承認させることではない」というようなものだとしたら、ヨン様には見えませんわな(笑)

しかし、相手がここまで「ぬるい」ツッコミを入れているにもかかわらず、貪欲にボケるヨン様の芸人としての力量には頭が下がる。

P.S.
でも、ヨン様の勘違いも甚だしい尊大な態度と、それをベースにした他者への罵倒を見ていると、ホントにイラッとくるよね。
ツッコミ欲求がメラメラと湧いてきますw

春が来た。ヨン様の開花ぶりがすごいwww

ヨン様ブログの当該コメント↓
ttp://fab4.no-blog.jp/weblog/2009/05/09525_551e.html#comment-24852363

ヨン様発言の冒頭
>全世界で1億人以上が利用するらしいTwitterや有料のそこまでやって委員会などに移行
>多くの方と大変有意義な意見交換を楽しんでいます
>まるで別世界の新天地に移住したかのような、前向きな議論の冒険にワクワクする毎日

だっておwwww

主体的に移行したみたいに言ってますけど、必死に粘着したけどアク禁になったんでしょーが、あんたw

だいたい、Twitterでも新たに知り合った人々から、これまでと全く同様の指摘をされ呆れられ、有料のそこまでやって委員会でも半スルー状態でしょ。しかも、やって委員会では、トンヌラという人に指摘を受けたらしく、書き連ねた悪口に関して謝罪もしていたよね。

別に、本人が満足しているだけなら、ツッコミを入れる必要はないんだけど、遭遇して巻き込まれてしまった人々は、擬論の暴挙の被害に会う上に、その後も各所で罵詈雑言を流されるので、黙って見ていられない。(^^;

そして今回はヨン様、すちゅわーですさんや横槍さんはもとより、アスパラさんやせっせっせさんも呼び捨てにして切り捨てていますw


ヨン様、その後は自分ルールを強硬に主張。
ヨン様以外の論者、ROMならびに管理人ではルールの合意形成はできているんですが… あ、ヨン様はそれが守れないので、毎回非難を浴び、アク禁でしたね。

それから、それぞれのいろんな掲示板の使い方を主張されていますけど、トピックのある部分について見解を表明していないと決め付け、発言資格がないかのように罵倒していたのは誰でしたっけ。(メビリン「民主党が政権をとったら日本はどうなるか」スレ) これは、その論者の議論スタイルを否定するものではないのですか?

しかも、ヨン様が主張している内容は、単なる意見表明ではなく、デタラメな根拠に基づいた相手意見の全否定(非科学的など)なのだから、それに反論意見が出されるのは当然でしょう。というか、それが議論でしょう。

結局、ヨン様の主張は多様な議論スタイルを保持することではなく、「自分の破綻した他者への非難を保護しろ。論難するな」と言っているだけの極めて独善的な主張にすぎないんだよね。


(学問についてのヨン様持論へのツッコミは割愛。あまりにも酷いので面倒くさいw)


ヨン様、最後の方の発言
>無責任で身勝手な思い込みの強い人たちにずいぶん長いこと邪魔をされ続けて来たけれど、ようやく平穏を手に入れ、このまま、いろいろな形で広がっていけたら

これって、大会議室で「人権派」に出会う前にも、同じ事を言っていたよね。ヨン様ブログの初期エントリを見ると。

この生命体は、同じ過ちを繰り返しながら被害を拡大させてきたのですね。

平穏を手に入れたいのなら、自らの過ちを直すか、最低でも各所での、これまで関わった人々への罵倒を止めるべきだと思いますけど… そうでなければ、いろいろな形で広がって行くのは、包囲環だと思いますけどね。


しかしホント、アスパラさんが言うように、啓蟄にてヨン様もお目覚めですねww

あー、お馬鹿だな

見ましたよ、そもそも線降花火さんって大会議室の方で槍さんの主張に賛同してましたっけ?【橋下スレではほぼROM専だったとの意味で賛同していないと言う意味ではなく】

迷いネコ氏は遊びすぎでしょ、既に書かれてますが、大会議室をアク禁になった証拠のエントリーで大会議室にまた誘うなんてw

それにしても、多分迷いネコ氏は遊ぶ気まんまんっぽいので、今回の突っ込み所満載のにもぬるい突っ込み入れるんでしょうね…(何故、温いかは遊ぶ為であると予想、そもそも厳しい指摘は全て誹謗中傷とするヨン様の生態を理解している可能性が高いです)

ここだけは突っ込んどかないと…

いくら、本名・顔写真載せて文責をとるとか言っても…正しいかどうかとは無関係

やれやれ・・・トホホ

v-252

なんでしょうかねぇ・・・。

橋下スレ絡みで私の名前出てるんですか?
権利と義務の話しかしてませんよ。
ただただ、縁さんと槍さんの根気に敬服しておりましたものwww

迷ってるヤツなー。
あれもアク禁にしてくれんかなー。
自分でブログ開設して持論を垂れやがれ、と皆に言われています。

遊ぶというより同類と認知しています。

余談ですが、春なのでネット上にも「黄色い救急車」が登場しています。
先日、ご苦労様です、と声をかけておきました。

え?私のところに迎えに来たんじゃないですよwww

迷っている方も退かずにキター!!

そして、こっちもアスパラさんに言及ww

アスパラさん本人のいないところで大人気www

しかし、迷っている方はほとんど知らないけど見たところ、二人とも互いに持論という唯一絶対神を信奉している人みたいなので、議論にならないだろ。

個人的には、アスパラさんへの評価を巡って、話が拡がっていく展開を希望www

二人の熱意あふれる男性が、一人の女性を巡って激しく火花を散らす… あ~、なんて青春なんだ。 なんちってw

はいはい、青春ですよ

ヨンと迷ってるやつでせいぜい
【青ざめるような春】を楽しんでくださいませと。

てゆーかヨン!呼び捨てかよ。
こっちとしては同列に並べられている人たちの殆どに混ぜていただいて光栄だけどな。

衝動的に殴り込みたくなった。
でも。
どんだけ面倒臭いか、簡単に想像でき過ぎwww


※アイドル好きさん、

長ーよ、学術論文長すぎるよ。
読破して理解するまでもちっと待ってw

意外に温くない?

迷ってる方もなかなか頑張ってますね。それにしてもヨン様は何処の掲示板でも指摘されていた事を相手に言っています…
ファブ語を使用して、日本語とは意味が違うと指摘されてもファブ語の意味で通そうと頑張ってROMにまで出て行けと意思表示されたのにね…


ある意味凄いよね、他人を論破、批判しようとする言葉はブーメランになってるなんて…、一生懸命に論破、批判しようとすればするほど自分に返ってきて、相手には届かない……痛い芸風ですw

しかし…

迷っている方がたて続けにツッコミしても、ヨン様はレスポンスがないね。以前だったら、必死におかしなコメントしたのに。

やはり、「全世界で1億人以上が利用するらしいTwitter」に居ることに安定を見出して、その場以外での指摘は「取るに足りない」相手と見下して対応はしないということかな。

ヨン様がわざわざ「全世界で1億人以上が~」と付けているところに勘違いが伺えるよね。

別にうなぎ犬が、全世界で○億人が使っているWindows OSを使っているからといって、優れたIT関連技術者ではないように、利用者が急増しているSNSに参加しているからと言って、自分が優れた論客になった訳ではない。ちなみに、「Windows Live Messenger」の利用者数は、3億人を突破しているらしい。

アイドル好きさんが「尊師の兵法」Lesson2で指摘した「寄らば大樹! 」そのままですねw

ところで、論客としての技量とは、また別であるが、承認度もしくは注目度としては、一つの指標はあるかもしれない。それは、フォローしている数とされている数の比較。

ヨン様の場合は、フォロー数445に対して、されている数は424。有名人やニュースサイトなどはフォローしても、返礼として返してこない場合があるので一概には言えないが、ヨン様は被フォロー数が下回っている。

一方、モトケンさん(motoken_tw)を見ると、フォロー数206に対して、被フォロー数は662と3倍に上っている。ここら辺に、つぶやき内容の差が現れているのだろうか。ちなみに、ガチャピン(GachapinBlog)は、フォロー数1に対して、被フォロー数572,741。ガチャピン恐るべし…

-----

ヨン様の「擬論」は、無根拠な言い放しや主張の変節、デタラメな専門知識の振り撒きや反論・質問の無視、果ては過去の論者たちへの執拗な誹謗中傷によって構成されている訳だけど、twitterは、母集団が多く、ぬるいつながりで、メインは一方的つぶやきという議論に適していない環境なので、主張や知識の検証、論者への評価が蓄積され難く、ヨン様の生存には意外と適している方かもね。それでも、同じような指摘(被害者の発生)は、散発的にあるだろうけど。

上記ヨン様の特徴とtwitterの特性が合わさった時に、ヨン様の立ち位置(集団内評価)がどのような動きを経ていくのかは興味がある。

twitterの場合は、核心を付いた指摘・反論をする者はブロックできるし、気に入らない相手に対応する必要がないからな~。

twitter内でユーザーは、同じ主義・主張を持つ者同士で分極化していくんだろうね。サイバーカスケードに意外と弱いツールかも。

寄らば大樹の陰にして

実らぬ大樹も然るべし。

なーんてな^^

ガチャピン凄いんですねー
でもムックの影が薄すぎて可哀想・・・

さて、ヨンさまが稀代の芸人であるならば
迷ってるのは、まさに【神】なんです。
活字が読めない障害なんだと言い張って、他人のレスを理解していない言い訳とし
いつのまにかそのことはなかったことにして
本は一冊も読んだことがないと豪語。

これを同じ掲示板でやってのける、まさに【神】なんです。

ナメック星人とサイヤ人の関係なんです。

神っぷりは「ゲーム…」スレにて。


ところで。
GWとかいうもんがあるそうですね。
またしても猫さんはお留守になるのかしら。

私はカンケーない人ですワ。
その代わり平日も関係ないケド~。

No title

線降花火さん
>迷ってるのは、まさに【神】なんです。
>活字が読めない障害なんだと言い張って、他人のレスを理解していない言い訳とし
>いつのまにかそのことはなかったことにして
>本は一冊も読んだことがないと豪語。

大会議室の住人じゃないので知らなかったけど、
それは、すごい…(^_^;
自分の目で見て、検証してみよう…


>神っぷりは「ゲーム…」スレにて。

検索してみたけど、「ゲーム犯罪 ひきこもり」スレのことですか?
スレが1~5まであるんですけど…(^_^;

検証する気なくなるなう(笑)

とりあえず、他の線降花火さんのレスの信頼性から、評価は線降花火さんのものを借用しておこう。


>ナメック星人とサイヤ人の関係なんです。

これは、かなり高度な例えですねw
ナメック星人の戦闘力は、実はサイヤ人と互角らしい(ナメック星最強のネイルに至っては42000と、当時のベジータ約30000を上回る)

さらに、ナメック星人は特殊能力でポルンガ(神龍)を登場させるドラゴンボールを作れる。

一方、サイヤ人はスーパーサイヤ人になれる上に、ヨン様の場合はヨン倍界王拳が使える。

なんのこっちゃ。

例えが高度すぎて、よく分からなくなってきましたw


>GWとかいうもんがあるそうですね。
>私はカンケーない人ですワ。

それは寂しいですね。
線降花火さんは「ごきげんよう」の方らしいので、こんな船で旅にでもお出掛け遊ばれたらいかがでしょうw
ttp://blog.goo.ne.jp/junie-59/e/f1457e444086f02da139d9ff9a47e353

ネットで船の写真を探していて発見したブログです。
主婦のテンションの高さと「おはよう! スパンク」みたいな漫画が目に止まりましたw(うなぎ犬とは無関係の方です)

今更ですが、あんたらは「どんだけ?!」

うなぎ犬さん、

>検索してみたけど、「ゲーム犯罪 ひきこもり」スレのことですか?
スレが1~5まであるんですけど…(^_^;

今や迷いのレスを読む気もありませんが、レスを返している「人間」のご発言を読むだけでもわかります。
最初のスレでほぼ結論はでているのですが
その後のスレ主を見ればわかるように
迷いたくてうずうずして以来、2~5のスレ主は迷ってる神です。

現在展開されているⅤの中盤以降若しくは後半1/3を読むだけで把握はできます。
障害云々は1(最初のスレにて)。

>さらに、ナメック星人は特殊能力でポルンガ(神龍)を登場させるドラゴンボールを作れる。
一方、サイヤ人はスーパーサイヤ人になれる上に、ヨン様の場合はヨン倍界王拳が使える。

>なんのこっちゃ。

なんのこっちゃではありません。
ヨン様はあくまで戦闘に特化し、バージョンアップを図って常人の理解を超えていきますが
神は神ゆえにあの手この手の反則と、擬論や擬態などという人間に媚びるような真似はいたしません。

「ワシの言うことがわからなくて当然じゃ、だって神だもん」
と一部のイタコ以外は見下ろしています。

猫ちゃんとは大違いです。

>こんな船で旅にでもお出掛け遊ばれたらいかがでしょうw

これでは地上と変わらんではないか。
ついでにワシは船酔いが得意じゃw

>「おはよう! スパンク」みたいな漫画が目に止まりましたw

何故?「なかよし」ですよね?おはようスパンクって!!
どんだけ守備範囲広いんですかwww
私もすっかり忘れていました。

何故だろう…
猫さんが連休でまったりしているかと思うと闘志が湧くわぁ~

では、ごきげんよう~ しゃなりしゃなり

No title

線降花火さん
>今更ですが、あんたらは「どんだけ?!」
>どんだけ守備範囲広いんですかwww

何気に、守備範囲(軍事的に言えば戦力投射能力)は、結構広い(高い)ですよ。

ただ、あまりにマニアックなネタを披露し続けると、他の方の発言機会が奪われると共に論者のブロック化が起こり、また他の議題に関する見解の相違による争いが発生する場合もあるので、ヨン様&DQNヲチを話題の基軸に据えています。

マクロ経済的に例えるなら、各国の保護貿易、競争的為替相場切り下げなどの「近隣窮乏化政策」がWWⅡの遠因になったとの反省から、金本位制(ヲチ的にはDQNであること)に裏打ちされ、ドルをキーカレンシー(基軸通貨)に据えることによって(ヲチ的にはヨン様を共通話題とすることによって)、国際商取引が信用収縮(ヲチ的にはヲチャー相互が交流減退)する事や深刻な貿易紛争から戦争(ヲチ的には他の話題での言い合い)へと発展するのを防いでいた「ブレトンウッズ体制」と似たようなもんですw

また、このようなコミュニティは、大げさに軍事戦略に例えるならば、4年に1度行われる米国防見直し(QDR:Quadrennial Defense Review)において、2001年ブッシュ政権下で紛争地帯をまるごと「不安定の弧 arc of instability」と位置付け、米軍関与の必要性を説き、そのための態勢作りとしての軍事政策である世界規模での「米軍のトランスフォーメーション」及び、その隷下にある在日・在韓米軍再編(普天間含む)が行われているのと同様に、低強度紛争に即応できる機能集団としての意味合いを持ちうるものかもしれませんねww

※低強度紛争=ヲチ的に言えば、まじめな立論同士の大規模な正面衝突ではなく、DQNをめぐるいざこざ。


とまぁ、マクロ経済ならびに軍事ネタも、かじっていることを示唆してみました(笑)

さらにマニアックな追記w

前述コメントでは、トピックを戦域として捉え、軍事戦略面において例えたので、「守備範囲」を戦力投射能力としたけど、個々の軍用機レベルで例えるなら、発進基地を中心とした作戦遂行可能範囲(戦闘行動半径)の方が妥当かも。

また、同様にヲチブログを軍事戦略レベルで例えたので、軍事技術的側面は捨象してある。すなわち、米軍のトランスフォーメーションの技術的側面である「軍事における革命(RMA:Revolution in Military Affairs)」については触れていないので、あしからず。

いちおう言っておかないと、マニアックな人間からツッコミを受けそうな気がしたもんで…(^_^;

うなぎ犬さん

>いちおう言っておかないと、マニアックな人間からツッコミを受けそうな気がしたもんで…(^_^;

こういう文章を読むと、私ってば女の子なんだわwと思います。
なんせ「日本沈没」の冒頭部分でコケましたから。
「日本アパッチ族」で調子に乗ったのが間違いでした^^;
プロフィール

見下ろす猫

Author:見下ろす猫
セリエの生理学の真実がここにある
でも生理学のブログじゃなくてヲチブログだけどね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。