スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【槍説】の概要

細かい文章が多かったが、結局【槍説15~19】簡単にまとめれば
たかじん2009/02/13 (Fri) 15:00のようになると言うことらしい
これを見てみよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1a:オピオイドには、現実の認知を減弱させる働きがあるか?
 → 正答:YES
1b:オピオイドが分泌されても能動的行為を行なえる可能性はあるか?
 → 正答:YES
結論1:上記により得られる結論は、以下の様になる。
「オピオイドが分泌され、現実の認知が減弱したまま能動的行為を行なう可能性は否定出来ない」

2a:物理刺激のみでエレクトする可能性はあるか?
  → 正答:YES
2b:外的刺激に対する脳内のフィードバックは、本人の意識的欲動がなくとも行なわれるか?
  → 正答:YES
2c:「興奮の誤認」は起こり得るか?
  → 正答:YES
結論2:上記による結論は、以下の様になる。
「本人に意図的な性行為の目的や性欲が働いていなくとも、何らかの興奮と物理刺激で十分なエレクトは起こり得る」

3a:エレクトは、恐怖を伴う様な強い過緊張により抑制されるか?
  → 正答:YES
3b:オピオイドは、恐怖を伴う様な強い過緊張を抑制できるか?
  → 正答:YES
結論3:上記により得られる結論は、以下の様になる。
「オピオイドの存在下では、一般的にエレクトを抑制する様恐怖や過緊張があった場合でも、エレクトが起こる可能性がある」

4a:人間の行動は、必ずしも対応する欲動のみに支配されていない場合があるか?
  → 正答:YES
結論4:結論1~3、及び4aより得られる結論は、以下の様になる。
「被告が性行為を行なったと言うことが、即ち十分な現実の認知力を持ち、且つ本人の性欲に基づいた行動であると断定できない可能性がある」
≒ 弁護団の主張があり得る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1a → 薬理学的常識なので反論あり得ず
1b → ランナーズハイ、格闘家、リストカット、車の暴走はもちろん
    オピオイドの影響下での能動的な活動の事例
    フリージングでも 反ショック相はオピオイドの影響下にある
    可能性を否定出来ない
    (∵βエンドルフィンの半減期が30分前後)
従って結論1は正しい

2a → 成人男子なら誰もが経験
    (ヨン様は否定 粗末なモノをお持ちなんだねw)
2b → ”梅干し→唾”に限らず 体に入力された刺激に対して本人の
    欲と関係なく無意識に反応しててくれなきゃ困る
だろうが(嘲笑
2c → 槍は”吊り橋効果”を挙げているが 実際パニック発作なども
    一部は”興奮の誤認”によって誘発されるらしい
    (運動後等の動悸 → 不安緊張感と誤認 ”パニック発作 
    動悸 誤認”でググると一番上に出て来る)
従って結論2も正しい

3a → EDに限らずどこでも載っている つかヨン様の主張
3b → それ自体がオピオイドの分泌目的
    になり得るんだから否定のしようがない
    強い恐怖感や緊張からオピオイドが分泌されたにも関わらず
    ”これを緩和しない”というなら 
    一体何のために分泌されているとヨン様は仰るのでしょう(嘲笑
従って結論3も正しい

4a → ”食欲のない食行動”が例に挙げられている が
    ぶっちゃけそれなりに遊んだ経験のある諸兄ならば
    全然その気がないにも関わらず刺激されて勃起してしまい
    得意気なブsゲフンゲフンの顔に 舌打ちをしたことも
    あるだろう(笑
自分的には4aの前にヨン様のすがりつく
”オピオイドが分泌されたら性欲は減退する”を入れておく方が
より反論として明確であろうと思う
ただ これについては必ずしもYESであるというソースがない
何しろセクースで気持ち良い状態でもオピオイドが出るからだ
そして”絶対に(あるいはそれに準ずる)”でないのなら可能性論への
反論足り得ない
では オピオイドでなく”強いストレス下では”とすれば良いか?
しかしそうなると中世の戦争等において”戦場での陵辱”が一般的
であった事実と反する

ショック相では そりゃさすがに性欲は減退しているだろう しかし
反ショック相でも強く減退したままというソースは提示されていない
つまり ショック相を招く様な強いストレスがあったとしても その後の
能動行為時に性欲が確実に抑制されていると言うに足るだけのソースも
理論構成もなされていないのである

が いずれにせよ”欲に支配されない”のだから結論4も正しい

以上より【槍説】をあり得ないと否定できる材料はまるで見当たらない

哀れヨン様 袋の巻け犬ネズミ
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

見下ろす猫

Author:見下ろす猫
セリエの生理学の真実がここにある
でも生理学のブログじゃなくてヲチブログだけどね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。