スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学的が聞いて呆れる

さらには反ショック相の持続時間について たかじんでは”数分である”
とのソースを見せられた後で
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>数分で普通に行動できる体制が整うとは(自分が読んだ限りでは)明示されてません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

としか言ってなかったのに 反論の心配のないブログでは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セリエ博士の本には数時間~数日。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

と急に強気これも一つの矛盾
さらに言えば猫が独自に調べたところ、
TIME誌 1956年の投稿記事
において、セリエの説であるということが文頭に記された上で
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>This first or shock phase may last from a few minutes to 24 hours
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
“この第一又はショックの相は数分から24時間
続く可能性がある”

と”明示されて”いる
今から50年も前、既にショック相が最短数分
であることは世界的に発表されていた

というのが事実 さらには
Stress and Adaptation
これは2008年に投稿されたものであるが、サイト内のPDFの様な
部分で検索すればすぐにみつかる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
a. shock phase
i. (略)
ii. (略)
iii. lasts from one minutes to 24 hours
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これは最短一分 そして槍の提示した試験問題では数分
つまりセリエの発表当時から現在まで一貫してショック相の持続は最短数分以内なのである

それにも関わらず、
一体セリエの本のどこに”数時間~”と書いて
あったのか?

これは自己矛盾というより学術的事実との重大な矛盾である

さらにこれに対する言い訳がイカレイカしてる

>記事の一部分を読むより図書館でセリエの本を借りて読んだ方が勉強になると思うよ

え? ”ショック相は最短数分かどうか”って話だよね?
記事の一部かどうかって関係ないよね(嘲笑)
そもそもソースがあったってまともに理解出来ない(つまりまるで勉強に
なってない)人
が何を虚勢張ってるの?
もうここまで来ると芸術的だね  巻け犬ぶりが

また前の記事で述べたA10云々前後の文脈であるが
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>こういう箇条書きを繋げて読むだけだと、オピオイド(βエンドルフィン)は、ストレスのときモルヒネの6.5倍の効果で多幸感に繋がる。と受け取る人もいるかもしれません。

>注意して欲しいのはこれはあくまでもオピオイド全般の説明であってストレス時のオピオイドの説明ではありません。
>1.不快なときは鎮静・鎮痛
>2.快のときはドパミンを助ける。(ドパミンが多幸感をもたらす。)
>と書いてるだけです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヨン様、たかじん2008/07/05 (Sat) 06:43で

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>実際の事例なる状態に合わせて神経伝達物質の性質が変わることは
ありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
って仰ってましたよね?
”オピオイド全般として”多幸感をもたらすのが性質なのに、
”ストレス時という状態に合わせて”変わるんですか???

さらに前出の【側坐核】の項を見ると、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
側坐核shellは、情動調節の要!
中脳辺縁DA路(抑制性)
尾側内側部のshellの領域に前頭前野から入力(中脳皮質DA路)(脱抑制)
不安によって活性化される中脳皮質DA系には、オートレセプターが欠如しているために、ストレスや不安などで活性化されると、前頭前野でのDA放出はコントロールされない
中脳皮質DAは、通常の生理的状態でも、バースト状の高頻度発射を示す特徴がある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
と記載されている 見て頂けば判るが、どこにも”隠された情報”はない
中脳辺縁系がヨン様の言う”能動的回路”、皮質系が”受動回路”
これまでのソースによって理解される生理学的仕組みはつまり以下の通り

"側坐核のshell+ドパミンは多幸感のキーである"
”能動・受動に関係なく側坐核のshellに入力する回路である”
“受動回路が活性化したときは、ドパミンが大量に出るのを自分じゃ
抑えられない”
“普通の生理的状態ですら、いきなり大量分泌することがある”
このサイトにはむしろ“フリージングが誘発されると書いてあるだけ”で
“受動回路の場合だけはドパミンが出ても多幸感がない”などとは一言も
書いてない
つまり受動回路であるほど多幸感が強くなるという理論構成ですら
強ち誤りと言えない
のが普通の”科学的”思考

にも関わらず上の発言 一体ヨン様の頭はどうなってるんでしょう
さらにこれに対するヨン様の反論はこんな感じ
>なるほど、いろんなところから適当に言葉だけ合わせてミックスしたと。

それはキミのことでしょ(爆笑
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

見下ろす猫

Author:見下ろす猫
セリエの生理学の真実がここにある
でも生理学のブログじゃなくてヲチブログだけどね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。