スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨン次元空間さらに発生

メビウスリングの とある板においてまたもやヨン様
ファブファブ族っぷりが発揮された
今回もまた全てまとめてから・・・と思ったが緊急性の高さ故
目立ったところからランダムに踏みつぶしていく
多少見にくいとお感じになるかも知れないがご容赦頂きたい
まずはヨン様の登場場面を全引用する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>ファブヨン★HZTsIJVCo52
>皆さん始めまして。【注88】
>自分は言葉による暴力と物理的な
 暴力は全く同じ
だと考えます。【4説17】
>理由は、人はストレスを受けると、体に変化が起きるからです。
>内臓に潰瘍が起きることは良く知られてますが、その他にも
 (頑張ろうとしてエネルギー供給のために分泌される)糖質
 コルチコイドという神経伝達物質が多過ぎると福作用【注89】
 のような効果で神経(海馬の樹状突起など)を萎縮させるそう
 です。【注90】
>だから、強いあるいは長期に続くストレスは、内臓を溶かして
 出血させたり、ウツ、記憶障害、PTSDなどの症状がでるほど
 神経を傷つけるということになると思います。【注91】
言葉の暴力は、殴り続けたりナイフで切り刻むことと
 怪我を負わせるという意味で
 実質的な差がないと考えます。【4説18】
>ただ、今現在は、体の内か外かという視認性の差から、
 認められ難かったり見落とされてるだけで、将来的には
 同じ暴力だと認定される社会になるのではと思い
 ます。【4説19】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これがヨン様の最初の投稿の全て
次にヨン様が発言するまで日間
当然に全ての日本人はこの投稿で
述べられていることこそヨン様の
主張したいものである
と判断する
そこに異存のある者は 少なくともここを読んでいる諸兄には
いないだろう
さぁ その上でヨン様の主張を見てみようではないか
【4説17~19】
ここを読んでみて
言葉による暴力と肉体的な暴力が
暴力として同質のものである
という”以外の”理解が可能か?
いや不可能だ(反語)
通常の日本語でそれが可能だと言う御仁がおられるならば 
是非猫にご教示頂きたい これが今回のことの発端だ 以下次回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【注88】
第一声からこれだよw 一体何を始めるのか?
ああそうか ヨン次元空間の製造かw
【注89】
聞いたことねぇ作用www
ヨン様にとっては神経が萎縮することは”福”なんだな
そりゃそうか また一歩自分の負け犬ぶりを認知しないで済む
方向に近づく
んだからな
【注90】
ストレスで体を悪くするなんてのは
誰でも知ってる
ことだ
しかも”肉体的”暴力と対比して”肉体的ダメージ”を論じよう
と言うのだから”ストレス性潰瘍とかがあることは皆さん知って
ますよね またストレスによる自殺ということもあるのです”の
一言で終わる問題
それにも関わらず無意味に専門知識的な用語を振りまくヨン様
いつもの僕ちゃん専門知識知ってます攻撃
【注91】
残念ながらこれの主旨自体は間違いない しかしである
専門用語を振りまいてみても結局はヨン様
”内蔵を溶かして”
なんて今日び中学生でも言わねぇよwww
スポンサーサイト
プロフィール

見下ろす猫

Author:見下ろす猫
セリエの生理学の真実がここにある
でも生理学のブログじゃなくてヲチブログだけどね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。