スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗なるお姿

必要な情報はほぼ載せたと思われるのでこれ以上更新する必要もないが
折角なのでヨン様の特徴的な馬鹿華麗さ加減についてもう少し見てみよう
1 時間や順序が解らない
 → 既に述べた
2 日本語が究極的に解らない あるいは 意図的に歪曲している
 → むしろ後者であって欲しい気もする 何故って後者ならば
   自分が巻け犬であることを自覚出来る

   だろうが 前者では完全に処置無しだからである
   後ほど実際に引用する
3 相手の主張の”必要条件でない文言”にすがりつき 屁理屈をこねる
 → 既に述べた"大量"や”PTSD”はその典型例
   おまけにその屁理屈自体が既に崩壊しているのだから救い様がない

さて日本語の能力について
無駄なボキャブラリーは別にして 厨房以下なんじゃないだろうか?
自己矛盾は当たり前
広がる矛盾 や 矛盾、矛j(ry 科学的が聞いて(ry 等参照)
相手の主張を正しく要約したり論旨に沿った正しい反論が出来ないのも
当たり前
ここでも随分指摘しているが もうとにかく挙げたらキリがない

ヨン様が“槍の主張はおかしい”と言いたい時に好んで使うパターンが
“内因性オピオイドが出たのなら絶対フリージング”なのに 槍の主張は
“内因性オピオイドに能動的に考えを巡らせたり 勃起させたり
性行為が可能になったりするという まるで真逆の性質がある”
というものだ

という偏差値の低さ丸出し(あるいは見苦しい歪曲)のものであるが
槍の主張は
A オピオイド下の能動的行為に関して
 1 オピオイド自体に“能動的活動を強力に抑制する作用”はない
  (オピオイド存在下の能動活動の事例)
 2 (たかじん2009/02/13 (Fri) 14:49より)
  >精神的ストレスによりオピオイドが分泌されたとしても
 「受動回路以外ではオピオイドは絶対に分泌されないという根拠がない
 (逆に、多種多様な状況でオピオイドが分泌されるという根拠は枚挙に
  暇がない)」
 3 “例えオピオイド=フリージングというヨン様の前提に従ったと
   してすら
”(同投稿より)   
  > 反ショック相により能動的行動が可能
  (たかじん2009/01/04 (Sun) より)
  >且つ、『その間オピオイドが絶対に存在しない』という根拠は
   一切ない
  (ショック相の持続は最短数分、βエンドルフィンの半減期は
   30分前後であることからも明白)」
 4 だからオピオイドによる多幸感(≒現実感の喪失)を持ったままの
  能動行為は可能である
という順序の主張である 
これは通常の日本語で要約した場合“オピオイドに能動的な活動をさせる
作用がある”等と言う主旨にはどうやってもならない
しかしヨン様にかかればそうなってしまうのだ
さすがファブ語マスター!
ただし穿った見方をすれば
オピオイドが現実の認知を弱める → 強烈なストレスに直面しなくなる
→ その結果受ける衝撃が弱くなる → 心身が受けるダメージが減る
→ 反ショック相で能動的行為が可能になる
という機序とも言えるので ある意味
”オピオイドが能動的行動を可能にする”
と言えるかも知れない

まぁ いずれにしてもヨン様は誤りってことだ

B また勃起に関しては
【槍による反4説1】【槍説18】の通りで 簡単に言えば
>「オピオイドがエレクトさせる」ではなく、「オピオイドがエレクトを
 邪魔する過緊張感を麻痺させる」ですよ。
 (たかじん2008/07/21 (Mon) 13:19)
しかし普段ファブ語を使用しているヨン様は こういう
日本語の違いが判らない
“性行為を可能にする”もほぼ同じパターン 大凡は
“能動的行為自体は被告の意志が可能にする”
“が その意思決定にあたり 常に行動に即した欲動が働いているとは
限らず またオピオイドが正しい認知を狂わせている”
あとは【槍説19】の通り
これも“オピオイドが性行為をさせる”とは全く違う
が ヨン様やはり違いが判らない

また“槍は恒常性の維持として勃起すると主張している”等という情けない
主張も飛び出す
(恒常性の維持については槍がたかじん2008/08/26 (Tue) 23:16に
 まとめている 明解であり同時にいかにヨン様が鞭であるか解る)
槍は勃起について単純に”刺激と興奮があったから成立する”と述べている
つまり恒常性の維持と”無関係に”勃起する訳だ
ただ恒常性の維持の一環として分泌されるオピオイドが強い緊張や不安を
取り除く役割を担っており これがたまたま勃起の阻害因子である
から
オピオイドの存在下での意図せぬ勃起が起こり得る という訳だ
これはもちろん”恒常性の維持として勃起する”とは全く違う
が これまたヨン様には違いが判らない
違いが判らない男 ヨン様
ネス◯フェ ゴール◯ブレン◯は飲めないね

比喩に至っては一切理解出来ない(ガソリンの喩え等)
ヨン様に 素晴らしく俊敏でしなやかな肉付きの陸上選手などを見せて
“あの人、カモシカの様な足をしてるね”と言ったら きっと
どこにカモシカの様な毛があるんですか?そもそも人類の足と
カモシカ等偶蹄目の足は全く違います 図鑑や百科事典を読めば
勉強になりますよ

などと言い出すのだろう(嘲笑

また 度々ヨン様が使う念仏にコレがある
数分でも行動不可能なら被害者はその間に逃げられるので犯行は不可能
一体何回【槍説17】(“被害者に危険が及ぶ【前に】ショック相が
終わっている
”)が指摘されれば気が済むのだろうか
日本語が全く解らないのでなければ やはり時間や順序が解らないことに
起因しているのだろう

ヨン様の華麗なるお姿には目眩すら感じる
スポンサーサイト
プロフィール

Author:見下ろす猫
セリエの生理学の真実がここにある
でも生理学のブログじゃなくてヲチブログだけどね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。